看護師になるために学校へ|相手に寄りそった施術ができるセラピストになるにはスクールを探そう
男性

相手に寄りそった施術ができるセラピストになるにはスクールを探そう

看護師になるために学校へ

看護師

対策はきっちりと

看護学校への入学試験には面接があります。実はこの面接はとても重要なものとされています。看護師になるための知識は、入学後に専門的に学ぶことが出来ますが、看護師の仕事は人と接する仕事になるので面接時の印象は重視されるのです。看護学校を志望する人は、人を助ける素晴らしい職業を志して入学してきます。しかし看護師という仕事は、人の命を預かる仕事であり、肉体的にもかなりハードな職業です。そのために本当にやる気がないと勤まらないのが現実です。そのことを見極めるためにも、入学試験での面接は重要視されているのです。入学試験というと、筆記試験の学力に重きをおいて勉強しがちですが、必ず面接対策はしておく必要があるのです。

個人や集団討論など

看護学校の入学試験での面接パターンはいろいろあります。最も多いものは個人面接です。面接官と受験者が1対1で行うものです。志望動機や自分の長所など自己アピールがしやすいのが特徴です。他にも、5〜6人一緒に行う集団面接があります。他の人が質問されているときに急に自分に意見を求められることもあります。また7〜10名ほどでグループディスカッションを行う討論形式の場合もあります。指導力や積極性が試されるものですが、同時に他人の意見を聞く協調性も見られています。看護学校の面接で問われる質問には、志望動機やどのように医療に携わりたいかなど聞かれることが多いですが、少子高齢化やボランティア経験、飲酒喫煙などに関して聞かれることもあります。質問例などを参考にして練習しておくといいでしょう。